★健康

【食後に動悸がする人へ】 その原因、自律神経の乱れのせいかも・・・

ご飯を食べると、後から動悸がして不安になっていませんか?

心臓がドキドキするくらいならまだしも、中には胸痛まで感じる人もいます。もしかして大きな病気なのではと怖くなってしまいますよね。

実はわたしも何度か経験があるのですが、ひどい時には気を失いそうになるのでとても怖いです。

食後に動悸がする原因はいくつか考えられます。そのなかでもとっても多いのが、自律神経の乱れのせいで起こる動悸です。

スポンサーリンク



食後の動悸と自律神経

自立神経については誰でも詳しく知っていると思いますが、簡単に説明してみますね。

自立神経は意思とは関係なく自立して働く神経のことです。たとえば心臓や胃腸、呼吸、体温などを24時間コントロールしてくれています。

 

自律神経には2種類あります。 

交感神経
起きている時や興奮時などに優位になる

副交感神経
寝ている時やリラックス時に優位になる

 

このふたつの神経は普段はとてもバランスよく働いていて、生命活動を問題なく維持してくれています。

たとえば、今日お話している食後の動悸に関連していることで言えばこんな感じです。

交換神経
・心臓はドキドキと早く脈打たせる
・血管を収縮させて血圧を上げる
・胃腸の働きは低下する

副交感神経が優位の時
・食事中は副交感神経が優位になる
・心臓を穏やかにゆっくり脈打たせる
・血管を弛緩させて血圧を下げる
・胃腸の動きを活発にする

 

 

食後の動悸はこうして起こる

食事中や食後は、副交感神経が活発になります。副交感神経が胃腸の働きを活発にして、食べ物を消化吸収するためです。全身の血が胃腸に集中します。

この時、交感神経の働きは逆に低下しているので、心臓の動きも穏やかになっって脈拍も減少します。また、血管は弛緩(拡張)します。

さらに、食事中は血液が胃腸に集中するので、心臓を通る血液の量も減ってしまいまい血圧が低下します。

 

【食後に動悸がする人へ】 その原因、自律神経の乱れのせいかも・・・2

 

このままでは生命活動に支障をきたすので、ここで交感神経がはたらき始めます。

交感神経は心臓の働きを活発にして心拍数を戻し、血管を収縮させて血圧を丁度良いところに戻そうとします。

普段は、食事中や食後もこのふたつの神経がバランスよく働いてくれるので、体になんの異常もなく過ごせているんです。

 

【食後に動悸がする人へ】 その原因、自律神経の乱れのせいかも・・・3

 

でも、自律神経が乱れてしまうと、食事中や食後の胃腸や心臓の働きを、上手にコントロールすることができなくなります。

その結果、様々な自覚症状が現れます。たとえば交感神経が心拍数を上げようとして急激に上がってしまったり、心拍数が上がり過ぎたりして、食後の動悸が発生すると言われています。

 

スポンサーリンク

 

自律神経を整えて食後の動悸を解消しよう

自律神経はいろいろばことが原因となってすぐに乱れてしまいますが、1番良くないのがストレスです。

あなたはかなり長い間、強いストレスにさらされ続けていませんか? それこそストレスを自覚しなくなるくらいに・・・

 

【食後に動悸がする人へ】 その原因、自律神経の乱れのせいかも・・・4

 

ストレスによって体に不調が現れてくるのは、けっこうまずい状況だと思ってください。そのままだと、下手をすれば自律神経失調症や、うつ病などを発症するリスクも高まりますよ・・・

 

自分が長期間強いストレスにさらされていると思ったなら、次のことを心がけてください。

自律神経を整えるために大切なこと
・ストレスを意識して避ける
・ストレスを溜めないようにする
・ストレス耐性を上げる

 

ストレスに対処する良い方法があるので、ここでいくつかご紹介しておきますね。

 

 

その他の食後の動悸の原因

食後の動悸には、ただ単に自律神経の乱れ以外にもいくつかの原因が考えられます。

 

低血糖による食後の動悸

食後の動悸は「低血糖」の可能性もあります。

動悸の他にも、食後に異常に強い眠気がしているなら、もしかしたら低血糖が原因かもしれません。

 

食事をすると誰でも血糖値が上がるのですが、健康な人は緩やかに上がります。血糖値が上がると、インスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌。血糖値を正常な範囲まで下げてくれます。

しかし・・・

様々な原因で、血糖値のコントロールがうまくできず、食後に急激に血糖値が上昇することがあります。

 

【食後に動悸がする人へ】 その原因、自律神経の乱れのせいかも・・・5

 

急激に血糖値が上がると、それに対処するためにインスリンが過剰分泌され、今度は急激に血糖値が下がってしまい低血糖になるそうです。

低血糖になってしまうと、強い眠気や動悸、吐き気、手指の震え、めまいなどの症状が起こるそうです。

また、低血糖を繰り返していると、いずれ自律神経の乱れにもつながります。

 

スポンサーリンク

 

食物アレルギー

食物アレルギーが原因で、食後の動悸が起こる場合もあるそうです。

食物アレルギーは、食べたものにアレルギーを起こすことで、蕁麻疹ができたり、かゆくなったり、血圧の低下などが起こり、動悸がする場合があります。

 

 

食べ過ぎによる内臓の圧迫

食後に動悸がするのは、ただ単に食べ過ぎで内臓が圧迫されているからかもしれません。

食べすぎると胃が大きく膨らむため、胃の周りにある臓器や血管が圧迫され、血流が悪くなります。血流が悪くなると、心拍数が上がり動悸がすることがあるそうです。

特に妊娠中には起こりやすいと言われています。ちなみに私も、妊娠中は動悸がすごくつらかったです。

 

 

食後動悸が続く場合は病院へ

食後の動悸が続くときは、病院を受診して相談することも大切ですよ。

食後の動悸は、いままでお話してきたもの以外にも、精神疾患、心疾患などの病気が原因の場合もありますし、更年期障害でも食後に動悸を起こす人は多いです。

 

【食後に動悸がする人へ】 その原因、自律神経の乱れのせいかも・・・6

 

先ずは病院を受診して、あなたの食後の動悸の原因が何なのか診断してもらいましょう。そうすれば正しい対処法も判るし、必要なら治療を受けることもできますから。

もちろん、病院で適切な治療をしなければならないケースもあるので、心配な場合は早めに病院を受診してみてください。

食後に異常に眠気が酷い時の3つの原因と対策 低血糖や肝臓の疲れ?

【食後の吐き気】食べると気持ちが悪くなる時の5つの原因と解消法

【食後の胃痛】食べた後の胃痛を、とりあえず今すぐ解消する方法

【空腹時の吐き気】お腹が減ると吐き気がする時の5つの原因と対処法



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. ★健康

    日焼け後のアフターケア!赤い肌やかゆみ、痛みを解消する方法

    不本意にも日焼けしてしまった… そんな時は少しでも早くアフターケアをし…

  2. ★健康

    食後に異常に眠気が酷い時の3つの原因と対策 低血糖や肝臓の疲れ?

    食後にひどい眠気に襲われ困っているあなたへ。食後の強烈な眠気を引き起こ…

  3. ★健康

    【寝起きの頭痛を解消する方法】頭痛のタイプで対処法は全く違う!

    寝起きの頭痛の解消法は、頭痛のタイプによって全く違います。間違った対処…

  4. ★健康

    いつの間にか痣ができやすい人の原因と対策 女性に多く病気の場合も…

    「いつの間にか体に痣ができていた…」「 内出血が起きやすい…」そんなあ…

  5. ★健康

    コーヒを飲むと治る頭痛と酷くなる頭痛の違いはこれだった!

    コーヒを飲むと頭痛が起きる人や酷くなる人、逆に痛みが酷くなる人・・・ …

  6. ★健康

    フケとかゆみの原因は頭皮の乾燥?最強のフケ対策と予防方法

    フケとかゆみで悩んでいるあなたへ! 原因を知って正しい対策をすれば、そ…

最近の記事

PAGE TOP