å¤ĢåŠĻ

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思うäēēへīŧãƒžã‚¤ãƒŠã‚šæ„Ÿæƒ…ã‚’č§Ŗæļˆã™ã‚‹æ–šæŗ•6選

 

「å¤ĢがåĢŒã„â€Ļ」

「æ—Ļé‚Ŗがうざいâ€Ļ」

こぎようãĒæ€ã„ã‚’æŠąã„ãĻいるåĨŗ性はそう少ãĒくありぞせん。もう友達ãĢäŧšã†ãŸãŗãĢå¤Ģ、æ—Ļé‚Ŗぎæ‚ĒåŖがæ­ĸぞらãĒいãĒんãĻäēēもよくいぞすよね(^-^;

「そんãĒæ°—æŒãĄã‚’č§Ŗæļˆã—たいâ€Ļ」

とぞだ前向きãĢ思えるãĒら、とãŖãĻã‚‚č‰¯ã„æ–šæŗ•ãŒã‚りぞすよīŧ

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思ãŖãĻしぞうあãĒたへ、そんãĒマイナ゚感情をč§Ŗæļˆã™ã‚‹æ–šæŗ•ã‚’ごį´šäģ‹ã—ぞす。

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク



į†æƒŗãĢとらわれãĒい

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思ãŖãĻしぞãŖãĻいるあãĒた。いつも、į†æƒŗとįžåŽŸãŽã‚ŽãƒŖップãĢčŊčƒ†ã—ãĻいぞせんかīŧŸ

å¤Ģやæ—Ļé‚ŖさんãĢ、「こぎようãĢしãĻæŦ˛ã—い。」というį†æƒŗはたくさんあると思いぞす。

䞋えば、

「もãŖとåŽļäē‹ã‚’手äŧãŖãĻæŦ˛ã—い」
「あãĒãŸã‚‚č‚˛å…ãĢ参加しãĻよīŧã€
「きれいãĢしãĻæŦ˛ã—い」

 

ãĒおãĒおãƒģãƒģãƒģ

å¤ĢがåĢŒã„でæ—Ļé‚Ŗがうざいと思ãŖãĻしぞうぎは、į†æƒŗを重čĻ–しすぎãĻいるぎかもしれぞせん。ここは、あãĒたぎį†æƒŗは少しæ¨ĒãĢįŊŽã„ãĻおきぞしょう。

そしãĻ、įžåŽŸãŽå¤ĢãŽč‰¯ã„ã¨ã“ã‚ã‚’æŽĸしãĻãŋãĻください。おんãĒ小さãĒことだãŖãĻ構いぞせん。それだけでも、å¤Ģやæ—Ļé‚ŖãĢ寞するマイナ゚感情をč§Ŗæļˆã™ã‚‹ã“とができるかもしれぞせん。

 

 

ゆãŖくりデãƒŧトする

2äēēãŖきりでゆãŖくりデãƒŧトする時間をäŊœãŖãĻãŋぞせんかīŧŸ

åĢŒã„ãĒå¤ĢとデãƒŧトするãĒんãĻč‹Ļį—›ã‹ã‚‚しれぞせんが、これがįĩæ§‹č‰¯ã„įĩæžœãĢつãĒがることが多いんです。

äģ•äē‹ã‚„åŽļäē‹ã‚„č‚˛å…ãĒお、æ—Ĩ々ぎį”Ÿæ´ģãĢčŋŊわれãĻいると、おうしãĻもå¤ĢぎåĢŒã„ãĒところ、æ—Ļé‚ŖぎうざいところãĢį›ŽãŒã„ãŖãĻã—ãžã„ãŒãĄã§ã™ã€‚

 

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思うäēēへīŧãƒžã‚¤ãƒŠã‚šæ„Ÿæƒ…ã‚’č§Ŗæļˆã™ã‚‹æ–šæŗ•īŧ’

 

2äēēでゆãŖくりデãƒŧトし、気分やį’°åĸƒã‚’変えることで、å¤Ģぎį´ æ•ĩãĒ部分を思いå‡ēせるかもしれぞせんよ。įĩåŠšã™ã‚‹å‰ãĢ、äēŒäēēでå‡ēかけたį´ æ•ĩãĒ場所ãĒおãĢ行ãŖãĻãŋãĻはīŧŸ

同じįŠē気を吸うぎもåĢŒãĒå ´åˆã¯ã€ãĄã‚‡ãŖとé›Ŗしそうですが、可čƒŊであれば是非čŠĻしãĻãŋãĻくださいīŧ

 

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク

 

思いå‡ēを振りčŋ”ã‚‹

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざい時は、大åĨŊきだãŖた時ぎ思いå‡ēを振りčŋ”ãŖãĻãŋぞしょう。

æ­Ŗį›´ã€å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思うようãĢãĒãŖた時ãĢ、åŊŧを大åĨŊきだãŖた頃ぎ思いå‡ēを振りčŋ”るぎは、ãĒかãĒかきついですよね。

ãĒんだかåĢŒãĒäē‹ã—か思いå‡ēせãĒくãĻ、äŊ™č¨ˆãĢåĢŒã„ãĢãĒãŖãĻしぞう可čƒŊ性もありぞす(^-^;

 

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思うäēēへīŧãƒžã‚¤ãƒŠã‚šæ„Ÿæƒ…ã‚’č§Ŗæļˆã™ã‚‹æ–šæŗ•īŧ•

 

でも、ぞだäŋŽåžŠãŒåŠšãįŠļ態であるãĒら、写įœŸãĒおをčĻ‹ãĻ思いå‡ēを振りčŋ”ã‚‹ãŽã‚‚č‰¯ã„ã§ã™ã‚ˆã€‚ã“ã‚Œã¯ã€į§ã‚‚たぞãĢすることがあるんです。

į§ã¯å¤ĢがåĢŒã„ãĒč¨ŗではありぞせんが、写įœŸã‚’čĻ‹ãĒがら「こぎ頃はâ€Ļâ™Ąã€ã¨æ€ã†ãŽã¯ãĒかãĒかæĨŊしいですし、嚸せãĒæ°—æŒãĄãĢãĒりぞす。

 

 

æŽĸらãĒいãƒģåš˛æ¸‰ã—ã™ãŽãĒい

å¤ĢぎことをいろいろとæŽĸãŖãŸã‚Šã€åš˛æ¸‰ã—ã™ãŽãĻいぞせんかīŧŸ

å¤Ģぎ不寊ãĒčĄŒå‹•ãŒį›ŽįĢ‹ãŖたりすると不厉ãĢãĒãŖãĻしぞい、いつぎ間ãĢかおんおんåĢŒã„ãĢãĒり、うざくãĒãŖãĻしぞうäē‹ãŖãĻありぞすよね。

そんãĒ時は、äŊ™č¨ˆãĢæŽĸりをå…ĨれãĻįœŸåŽŸã‚’įŸĨりたくãĒãŖたり、不äŋĄãĢãĒãŖãĻ常ãĢį›ŖčĻ–ã—åš˛æ¸‰ã—ã™ãŽãĻしぞうことがありぞす。ãĒかãĢは、゚マホをチェックする、という斚もいるぎではãĒいでしょうか。

 

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思うäēēへīŧãƒžã‚¤ãƒŠã‚šæ„Ÿæƒ…ã‚’č§Ŗæļˆã™ã‚‹æ–šæŗ•īŧ˜

 

でもâ€Ļ、゚マホãĒおをチェックしæŽĸりをå…ĨれãĻも、そこãĢは嚸せはãĒいことが多いですâ€Ļ 

ぞた、゚マホチェックがå¤ĢãĢばれると、é–ĸäŋ‚はぞすぞすæ‚ĒくãĒるばかりâ€Ļ あぞりæŽĸりをå…ĨれãĒいようãĢã—ã€åš˛æ¸‰ã—ãĒいようãĢしãĻãŋると、かえãŖãĻマイナ゚感情をč§Ŗæļˆã§ããžã™ã‚ˆã€‚

å¤ĸ中ãĢãĒるもぎをčĻ‹ã¤ã‘、å¤Ģやæ—Ļé‚ŖãĢį„Ąé–ĸåŋƒãĢãĒることも大切です。

 

 

åĢŒã„、うざいところをį›´ã—ãĻもらう

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざい場合、思い切ãŖãĻそぎことをį›¸æ‰‹ãĢäŧãˆãĻ、攚善しãĻもらうぎも有りです。

ãĒかãĒかäēēを変えることはé›Ŗしいですが、åĢŒã„ãĒã¨ã“ã‚ã‚„ã†ã–ã„ã¨æ€ã†ã¨ã“ã‚ã¯ã€č¨€ã‚ãĒいč‡ĒčĻšã§ããĒいことが多いです。

äŊ•åēĻ言ãŖãĻもæ˛ģらãĒいこともあるかもしれぞせんが、å„Ēしく指摘するようãĢしぞしょう。

 

ただし、åŧˇã„åŖčĒŋã§č¨€ãŖãĻしぞうと、喧嘊ãĢãĒãŖãĻしぞうこともあるぎでčĻæŗ¨æ„īŧ

「〇〇しãĻくれるとåŦ‰ã—いãĒ」くらいãĢ、å„Ēã—ãč¨€ã†ã‚ˆã†ãĢするぎがおすすめです。

 

 

一įˇ’ãĢ過ごす時間を減らす

äŧ‘æ—ĨãĒお、一įˇ’ãĢã„ã‚‹æ™‚é–“ãŒé•ˇã„å¤ĢåŠĻぎ場合ãĢã¯ã€ããŽæ™‚é–“ã‚’æ¸›ã‚‰ã™ã¨č‰¯ã„įĩæžœãĢつãĒがる場合がありぞすよ。

ã‚‚ãĄã‚ã‚“å¤ĢåŠĻぎ合意ぎ上でですが、おäē’いč‡Ē分ぎč‡Ēį”ąæ™‚間を持つぎもæ‚Ēくありぞせん。

 

å¤ĢがåĢŒã„、æ—Ļé‚Ŗがうざいと思うäēēへīŧãƒžã‚¤ãƒŠã‚šæ„Ÿæƒ…ã‚’č§Ŗæļˆã™ã‚‹æ–šæŗ•īŧ˜

 

å¤Ģやæ—Ļé‚ŖがåŽļãĢいる時は、ãĒるずく外ãĢå‡ēかけるようãĢしたり、åˆĨã€…ãŽéƒ¨åą‹ã§éŽã”ã™ã‚ˆã†ãĢしぞしょう。

一įˇ’ãĢいる時間が少ãĒくãĒることで、åĢŒã„やうざいと思うことも少ãĒくãĒり、マイナ゚感情をč§Ŗæļˆã§ããžã™ã€‚

思い切ãŖãĻ寝厤をåˆĨãĢしãĻしぞうぎも有りかもしれぞせん。一įˇ’ãĢいる時間が少ãĒくãĒると、意外ãĢį›¸æ‰‹ãĢ寞しãĻãŽãƒžã‚¤ãƒŠã‚šæ„Ÿæƒ…ãŒæ¸›ã‚‹ã‹ã‚‰ä¸æ€č­°ã§ã™ã€‚

å¤ĢåŠĻぎ寝厤はåˆĨぎ斚がいいīŧŸåˆĨ厤ãĢã—ãŸæ™‚ãŽãƒĄãƒĒãƒƒãƒˆã¨ãƒ‡ãƒĄãƒĒット

 

 

あãĒたもå¤Ģも厌į’§ã§ã¯ãĒいīŧ

å¤Ģ、æ—Ļé‚Ŗが゚トãƒŦ゚という斚はとãĻも多いです。でもåŊŧらもあãĒたと同じく不厌全ãĒäēē間ãĒんです。äē›į´°ãĒã“ã¨ã¯č¨ąã—ãĻあげるようãĢしぞしょう。

å¤Ģへぎマイナ゚感情をč§Ŗæļˆã™ã‚‹ãŽã¯ãĒかãĒかé›Ŗしいかもしれぞせんが、友達ãĒおãĢグチるぎもおすすめです。äēēãĢã‚°ãƒã‚’čžã„ãĻもらうことですãŖきりするぎで、イナイナも少ãĒくãĒりぞすīŧ

嚸せãĢ過ごせる選択をするようãĢしãĻくださいねīŧ

 

◆æ—Ļé‚ŖがåĢŒã„すぎãĻ旊くæ­ģんでãģしいと思うåĻģがやãŖãĻいること

★å¤ĢåŠĻ喧嘊をした時、しこりを掋さず゚ッキãƒĒとäģ˛į›´ã‚Šã™ã‚‹į°Ąå˜ãĒæ–šæŗ•īŧ

◆【æ—Ļé‚ŖをåĢŒã„ãĢãĒりそうâ€Ļ】そんãĒ時ãĢåĨŗ性がしãĻいるīŧ”つぎ寞å‡Ļæŗ•



゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク

ã“ãŽč¨˜äē‹ãŒéĸį™Ŋいīŧ



é–ĸé€Ŗ記äē‹

  1. å¤ĢåŠĻ

    ぞだ新劚ãĒぎãĢæ—Ļé‚ŖがåĢŒã„ãĢãĒãŖたåĻģへīŧæ—Ļé‚ŖåĢŒã„ぎ攚善斚æŗ•æ•™ãˆãžã™

    ぞだįĩåŠšã—ãĻ時間もįĩŒãŖãĻãĒい「新劚」ãĒぎãĢ、もうæ—Ļé‚ŖぎことがåĢŒã„ãĢãĒãŖâ€Ļ

  2. å¤ĢåŠĻ

    【æ—Ļé‚ŖをåĢŒã„ãĢãĒりそうâ€Ļ】そんãĒ時ãĢåĨŗ性がしãĻいるīŧ”つぎ寞å‡Ļæŗ•

    æ—Ļé‚ŖぎことをåĢŒã„ãĢãĒりそうãĒ時ãĢ、世ぎ中ぎåĻģがしãĻいる寞å‡Ļæŗ•ã¯īŧŸã€€ãŋんâ€Ļ

  3. å¤ĢåŠĻ

    æĩŽæ°—しãĻる兆候īŧŸæ—Ļé‚ŖãĢ不äŋĄæ„Ÿã‚’ã‚‚ãŖた時ãĢįĸēčĒã™ã‚‹ãšã7つぎ兆候

    「おうもæ—Ļé‚Ŗぎ様子がおかしいâ€Ļ」「ãĒんだかæ—Ļé‚ŖãĢ違和感を感じるâ€Ļ」 そâ€Ļ

  4. å¤ĢåŠĻ

    å¤ĢåŠĻ喧嘊をした時、しこりを掋さず゚ッキãƒĒとäģ˛į›´ã‚Šã™ã‚‹į°Ąå˜ãĒæ–šæŗ•īŧ

    å¤ĢåŠĻ喧嘊をしãĻしぞい、ãĒかãĒかäģ˛į›´ã‚ŠãŽããŖかけが掴めãĒいでいるあãĒたへâ€Ļ

  5. å¤ĢåŠĻ

    åĢŒã„ãĒæ—Ļé‚Ŗとé›ĸ劚したいåĻģがお金ぎ不厉をæļˆã™ãŸã‚ãĢč€ƒãˆãĻおくこと

    æ—Ļé‚ŖがåĢŒã„でé›ĸ劚したいぎãĢ、é›ĸ劚垌ぎįĩŒæ¸ˆįš„が不厉があãŖãĻ思いとおぞãŖãĻâ€Ļ

  6. å¤ĢåŠĻ

    į„Ąæ„č­˜ãĢやãŖãĻいるīŧŸã™ãå¤ĢåŠĻ喧嘊しãĻしぞうäēēãĢå…ąé€šã™ã‚‹īŧ–つぎ原因

    喧嘊ãĒんãĻしたくãĒいぎãĢã€ããŽæ°—æŒãĄãĢ反しãĻ毎æ—ĨぎようãĢå¤ĢåŠĻ喧嘊をįš°ã‚Šâ€Ļ

最čŋ‘ãŽč¨˜äē‹

PAGE TOP