作法

【神社のお札の正しい貼り方】正しい場所と方角でご利益増し増し!

神社でいただいたお札(御神札)は、神棚におまつりするのがベストです。

ですが…

「うちには神棚がない…」というお家も多いのではないでしょうか?

 

神棚がないなら、そのまま立てかけたり、貼ったりしてお祀りすることになりますね。

ただし、お札は適当に貼ってはいけません。お札には貼る場所や方角など、正しい貼り方があります。

 

神社のお札(御神札)について、貼る場所や方角など、正しい貼り方を教えます。

正しくお祀りして、最大限のご利益を頂きましょう!

スポンサーリンク



お札(御神札)の正しい貼り方

神社で頂いたお札(御神札)を、正しくまつるためには…

  • お札が南か東に向くように
  • 人の通りの少ない場所で
  • 水回りを避け
  • 目線よりも高い位置

以上の点に気をつけてお札を貼ると良いですよ。

 

これからお札の貼り方について、もっと詳しくお話ししていきますね。

 

 

お札は南か東に向けて貼る(立てる)

先ずはお札をまつる(貼る or 立てる)際の方角についてです。

 

お札は南か東の方角を向くように貼るか立てます。

貼る場合には、「北側の壁」か「西側の壁」に貼ると、正しい方角に向けて貼ることができますよ。

【神社のお札の正しい貼り方】正しい場所と方角でご利益増し増し2

ここで、あなたの家の近くの神社を思い出してみてください。その神社は本殿か鳥居が、南か東の方角を向いていませんか?

そう、多くの神社は南か東を向いているんです。神社も同じしきたりなんですね。

 

なぜ南か東の方角が良いのか、それには諸説あります。

たとえば、神道の最高神である天照大神は太陽神であり、太陽がもっとも光り輝く南中の方向や、太陽の有難みを感じる日の出の方向を大事にしているとか…

他にも、「天子南面す」というのもありますが、ここでは省略しますね。

 

 

お札は人の通りが少ない場所に

お札は、玄関やドア、廊下など、人の出入りが多い場所は避けた方が良いそうです。

人の出入りの頻繁な場所は、神様が落ち着かないため、あまりよくないと言われているんです。

 

 

お札の向かいに水回りはNG!

【神社のお札の正しい貼り方】正しい場所と方角でご利益増し増し!

なるべくですが、お札を向けた方向に、トイレやキッチン、お風呂などの水回りが重ならない場所にまつると良いですよ。

なぜなら、トイレやキッチンやお風呂などの水回りは、汚れやすいため不浄とされているからです。

意外ですが、神道のしきたりには、風水の考え方がけっこう取り入れられているようなんです。

 

 

お札は目線より上に

お札の正しいまつり方(貼り方、立て方)のもうひとつは、立った時の目線より上にまつることです。

これは、立った時の目線より下に貼ってしまうと、神様に対して上から目線になってしまうから良くないと考えるからです。

 

お札をタンスの上などに立ててまつる時には、目線より低くならないよう場所の高さも考えてくださいね。

逆にあまり高すぎるのも、大きく見上げてしまうのが良くないそうなので、丁度良い高さにしましょうね。

 

スポンサーリンク

 

他にも考えるべきことがある

お札の貼り方や立て方については、いままでにお話したことを考慮すれば、まあ大丈夫です。

ただ、さらにしっかりとお札をまつりたい方のために、その他の気をつけるべきことについてもお話しておきますね。

 

上にトイレや廊下がない場所

2階建ての1階やアパート・マンションなどで、お札をまつる場合に気をつけることです。

お札をまつる場所は、真上にトイレや廊下などがない場所を選びましょう。

 

これは、「神様の上に不浄な場所がある。」「神様の上を人が通る。」と言う状況を避けなさい、という意味です。

 

ただ、現実問題として中々難しい場合も多いと思います。

そんな時には、正方形の白い紙に「空」か「天」と書いて、お札の上の天井に貼ると良いそうですよ。

IMG_20171207_095602.jpg

私はマンションの一階に住んでいるので、神棚の上には「天」の紙を貼っています。

 

 

仏壇に一緒にまつらない

仏壇と神棚は別物なので、神社のお札を仏壇には置かないようにしましょう。ただし、仏壇がある部屋に飾るのは問題ありません。

 

 

お札に画びょうを刺さない

お札に直接画びょうを刺さないようにしてくださいね。

お札を貼る時には、お札の裏にのりをつけて貼り付けたり、テープで止めて貼れば大丈夫です

また、汚れなどから守るために、透明なクリアファイルに入れて貼るのも良いのだとか。

 

 

お札の周りは綺麗に保つ

お札が貼ってある場所の周辺は、綺麗に保つことも大切です。

当たり前のことではありますが、お札の周りが埃だらけだったりして汚くなっていると、御利益が増すとは思えませんよね。

お札が貼ってある周りはできるだけ綺麗に保つようにし、御利益を増し増しにしましょう。

 

 

貼り方が違うお札もある

お札の正しい貼り方をご紹介しましたが、お札によっては貼り方が異なる場合もあるそうです。

その年の縁起の良い方角に貼ると御利益があるものや、年神様に向けて貼ると良いものなどもあります。

 

これは、お札をいただくときに確認するしかありません。

毎年貼る方向がかわるお札などは、説明があれば説明に従うようにしてください。

 

 

毎年新しいお札を!

お札には、御利益がいつまであるかという期限はありません。

ですが、ある程度月日が流れれば、お札も古くなってしまいます。

御利益を増し増しにするためには、毎年新しいお札にすることがおすすめです。

初詣には古いお札を持参し、お納めするようにしましょう。



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. 作法

    その品物迷惑かも…お見舞いにもらって困るもの、嬉しいもの

    病院へのお見舞い、何を持って行こうか悩んでいるあなたへ。私が一番お勧め…

  2. 作法

    【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法…

    家に神棚を設置して神様(お札、御神札)をお祀りしようと思っているあなた…

  3. 作法

    【お墓参りの作法】 お供え物や花など必要な持ち物とマナーは?

    お墓参りはご先祖を敬い、故人を偲ぶ大切な行事の一つです。お墓参りには宗…

最近の記事

PAGE TOP