★健康

水は朝の寝起きに飲め!水で驚愕の健康&ダイエット効果を得る方法

「朝の寝起きすぐに水を飲むととっても体にいい。」

そう耳にしたことはありませんか?

朝の寝起きにすぐ水を飲むと、健康にもダイエットにもとても良い効果があるのだとか。

実際、健康な方やスリムな人の多くは、朝の寝起きに水をむ習慣があるそうです。

あなたも明日から朝の寝起きに水を飲んでみませんか? その方法教えます!

スポンサーリンク





朝の寝起きに水を飲むと、なぜ健康やダイエットに効果があるの?

朝の寝起きすぐに水を飲むと、一体どんな効果があるんでしょうか? その驚く効果についてご紹介します。

 

デトックス効果がある

毎朝、寝起きに水を飲むようにすると、大きなデトックス効果が期待できます。

デトックス効果とは、体の中の毒素を排出する効果のことです。

寝起きの空腹の状態で水を飲むと、体内の毒素がスムーズに排出することができるため、健康やダイエットに良いんです。

 

メタボや肥満の予防・改善ができる

朝の寝起きの空腹時に水を飲むようにすると、メタボや肥満の予防・改善効果が期待できます。

なぜなら、空腹時に水を飲むと、代謝率が24%もアップするからです。

 

朝の寝起きの水の効果1

 

代謝率がアップすると当然痩せやすく太りにくくなるので、朝の寝起きに飲む水は健康やダイエットにとってもお勧めなんです。

また、水を飲むことにより便秘を改善してくれるのもいいですね!

 

 

ダイエットに効く

ダイエット中は、食欲を抑えるのが大変ですよね。ついつい食べ過ぎてしまうという方も、少なくないと思います。

そんな時こそ、朝の寝起きには水を飲みましょう。かなりお腹がいっぱいになるので、食べ過ぎの予防にもなりダイエット効果が高まります。

食事はバランスよくしっかり摂ることが大切ですが、水を飲むことで必要以上の食欲を抑えることができます。

 

スポンサーリンク

 

胸やけやを抑えてくれる

食べ過ぎや食べたものなどにより、胸焼けが起こることってありますよね。

食べ過ぎなどにより、胃の中の消化酵素が少なくなると、胃酸過多になって胸焼けを引き起こしてしまいます。

寝起きの空腹時に水を飲むと、胃の中がリセットされるため、より早く胸焼けを改善することができます。

 

 

美肌効果がある

朝の寝起きに水を飲むだけで、大きな美肌効果が期待できます。

人間の体はほとんどが水分でできています。そのため体が水分不足になると、シワやたるみ、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

朝の空腹の状態で水を飲むと、皮膚の血流が良くなって肌トラブルの予防と改善につながり、美肌効果が期待できます。

 

 

美髪・育毛・発毛効果が期待できる

朝の寝起きに水を飲むと、なんと美髪や育毛、発毛効果も期待できるそうです。

髪の毛の1/4は水分でできているそうです。体が水分不足になると、抜け毛が増え薄毛になったり、髪の毛がダメージを受ける原因になります。

しっかり水分を取るようにし、美髪を目指しましょう!

 

 

腎臓結石や膀胱感染症を予防する

朝の寝起きに水を飲むことは、腎臓結石や膀胱感染症の予防にもなるそうです。

水分をしっかり取り、酸を薄めておくようにすることで、腎結石を予防することができるそうです。

また、デトックス効果で毒素をしっかり排出することで、膀胱炎の予防になると言われています。

どちらもとてもつらい病気なので、注意しましょう。

 

 

免疫力を高める

朝の寝起きに水を飲むと、免疫力を上げる効果も期待できます。

人間は就寝中にも汗をかくので、どうしても体が水分不足の状態になりやすいです。そうすると、当然血液もドロドロに・・・

朝の寝起きに水を飲むと、血液だけでなくリンパの流れも良くなり、免疫力がアップします。

 

 

朝の寝起きの水の効果的な飲み方

朝の寝起きの水の効果2

朝、寝起きすぐに水を飲むと、健康やダイエットにとても良い効果があるのですが、その効果をより高める方法をご紹介します。

 

実際に、病気による体調不良などの治療にも用いられた方法です。

 

① 朝起きたら、空腹のままで約160mlの水を4杯飲む

朝起きたら、空腹の状態ですぐ水を飲みましょう。

160mlの水を4杯飲みます。

ただし、体が慣れるまでは無理しないでください。最初は2杯くらいでも良いそうです。少しずつ飲む水の量を増やしていくのもいいと思います。

早飲みや一気飲みをする必要はありません。ゆっくり飲んでくださいね。とにかく無理のないようにしましょうね。

 

 

② 水を飲んだ後45分間は飲食しない

水を飲み終わったら、45分間は何も飲まず、食べないようにします。

45分間が難しくても、最低でも30分は飲食を控えてください。

 

 

③ 食後2時間は何も食べない

朝食、昼食、夕食後は、消化の働きを邪魔しないように、最低でも2時間は何も食べないようにしましょう。



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. ★健康

    夏バテ対策!原因と症状を解消して、とっても元気になる方法

    夏バテかな…? と感じたら、すぐにでも夏バテ対策を実行して、辛い夏バテ…

  2. ★健康

    コーヒを飲むと治る頭痛と酷くなる頭痛の違いはこれだった!

    コーヒを飲むと頭痛が起きる人や酷くなる人、逆に痛みが酷くなる人・・・ …

  3. ★健康

    食後に異常に眠気が酷い時の3つの原因と対策 低血糖や肝臓の疲れ?

    食後にひどい眠気に襲われ困っているあなたへ。食後の強烈な眠気を引き起こ…

  4. ★健康

    【血圧を上げる食べ物】低血圧の改善には塩分やたんぱく質がとても大事!

    低血圧の辛い症状に苦しんでいるあなたへ! 病気なら医療による治療が不可…

  5. ★健康

    夏バテ解消!食欲ない人も喜ぶ美味しい夏バテ対策料理10選

    夏バテをガンガン解消してくれる、夏バテ対策料理をご紹介します! 食欲が…

  6. ★健康

    【寝起きの頭痛を解消する方法】頭痛のタイプで対処法は全く違う!

    寝起きの頭痛の解消法は、頭痛のタイプによって全く違います。間違った対処…

最近の記事

PAGE TOP