作法

【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法…

「うちにも神棚をお祀りして、神様の有難いご利益をいただこう。」

そう思っているあなたへ。神棚をどこへ設置するか、もう決めましたか?

 

実は、神棚をお祀りする際には、けっこういろんな決まり事があります。

神棚を設置する場所や方角、お札の神棚への入れ方、お供えなど、けっこう細々と…

 

今の住宅事情では、神棚をルール通りに設置するのはちょっと難しいこともあります。

それでも、できるだけ正しい祀り方をすれば、神様から頂けるご利益も大きくなりますよ! 

「良い祀り方」をして、大きなご利益をいただきましょう!

スポンサーリンク



神棚を設置する時の基本

神棚の祀り方について、その基本事項について説明します。

・神棚は大人の目線より高く
・神棚の向く方角は南か東へ
・神棚は人の集まる場所へ
・設置場所は出入り口や廊下を避ける
・上の階がある場合の対策

 

以下、詳しく説明していきますね!

 

 神棚は大人の目線より高く

神棚の祀り方の第1は高さです。

神棚は、大人が立った時の目線よりも高い位置に設置しましょう。低い位置に祀って神様を見下してはいけません。

と言っても、あまりに高い位置に設置してしまうと、毎日のお供えやお手入れがけっこう大変です。手を伸ばしたら届くくらいの、お手入れしやすい高さで大丈夫ですよ。

 

 

 神棚は南か東の方角に向ける

神棚の祀り方の第1は方角です。神棚は南か東の方角を向くように設置します。

実際、たいていの神社は、本殿か鳥居が南か東を向いていますよ。それと同じですね。南向きや東向きにする理由は諸説あるのですが、そのひとつは太陽に関係しています。

 

【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法2

 

南は太陽がもっとも輝くところ(南中)、東は太陽が昇るところです。これは、神道の最高神が天照大神(太陽神)であるからとか、神がやってくる方向だとか、風水の影響だとも言われています。

他にも、「天子南面す」という言葉もありますが、ここでは割愛します。

 

スポンサーリンク

 

 神棚は人があつまる場所に

神棚の祀り方の第2は人の集まる場所です。神棚をあまり使用しない部屋にひっそり祀るのはNG! 人が集まる場所を選びましょう。

自宅であれば、リビングなど家族が集まる場所に。会社などであれば、実際に仕事をしているオフィスなどに祀るのがお勧めです。

 

 

 出入り口の上は避ける

神棚の祀り方の第3は人の出入り。神棚を出入り口の上などに祀るのは避けてください。

人の出入りが激しい出入り口の上は、神様の下を頻繁に通ることになるので、神様が落ち着けません。

 

 

上の階がある場合の対策

神棚を設置する際に、気をつけないといけないのが上の階の有無。1階に祀る場合に2階がある、マンションなので上の階がある…

そんな時は、神様の上を人が歩くことがないように、気をつけないといけません。

 

【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法3

 

と言っても、実際のところそこまで配慮するのは難しいことが多いですよね。そんな時は、正方形の白い紙に「雲」「天」「空」などの字を書き、それを天井に貼ると良いですよ。

「神棚の上には天があるのみ。」そういう意味合いになります。

 

 

神棚でのお札の祀り方

次に、神棚へのお札の祀り方についてです。

御神札(お札)は、好きなものをひと柱だけ祀るのではなく、次のように祀るという約束事があります。

1.天照大神(最高神)
2.あなたの氏神
3.あなたが好きな神(崇敬神)

先ずは最高神の天照大神、次にあなたの地域の氏神様、そして自分の好きな神様(崇敬神)です。崇敬神については、御神札(お札)が複数あっても大丈夫です。

 

神棚が、扉がひとつだけの一社造りの場合

【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法4

お札を手前から天照皇大神、氏神、崇敬神社の順に重ねてお祀りしてください。

 

扉が3つある三社造りの場合

【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法5

中央に天照皇大神、右側に氏神、左側に崇敬神をお祀りします。

 

スポンサーリンク

 

神棚へのお供え方法

神棚を祀ることができたら、次はお供えをしましょう。

お供えは、神様をおもてなしするお食事です。と言っても、作った料理を毎日お供えする必要はありません。仏壇とは違います。

神棚のお供えものは米、塩、水、です。また、毎月1日や15日には、お酒をお供えします。

 

【ご利益絶大!正しい神棚の祀り方】設置場所や方角、お供え方法7

 

向かって左側に水真ん中に米右側に塩を置きます。お酒をお供えする場合はその両脇か、一番奥(神棚に近い場所)の左右に置きましょう。

できれば、毎日新しくお供えしるのが理想です。朝に新しくお供えし、夕方にお下げします。

「でも、毎日って中々難しい…」

そんな場合は、お水だけは毎日新しくして、塩とお米は榊と一緒に半月ごとに新しくする、という方もいらっしゃいます。

 

 

 お米

お米は、洗米か生米をお供えします。お下がりのお米は、いつものご飯に混ぜて炊いて頂きましょう。毎日の交換が難しい場合は、痛みにくい生米にすると良いそうです。

 

 塩

神棚にお供えする塩は、精製塩ではいけません。海水から作られた天然塩をお供えしてください。

可能なら毎日交換するようにしてくださいね。お下がりの塩は、料理に使ったり、玄関などのお清めに使うと良いですよ。

 

 水

神棚の水は傷みやすいため、これも毎日交換するのが望ましいです。お供えした水は、花などにあげるようにしましょう。

 

 

 お酒

毎月1日と15日は、月次祭(つきなみさい)と呼ばれており、この日にお酒などをお供えしましょう。

 

 

 榊(さかき)

お供えの他に、神棚に必須なのがですね。榊は、1日、15日の月次祭(つきなみさい)の日に、新しいものに交換しましょう。

特に夏場は傷みやすいので、水を毎日変えてあげたほうが良いです。交換した榊は可燃ゴミとして処分しても大丈夫です。私はいつも土に戻しています。

 

 

頂きものも一旦神様にお供えしよう

お菓子などのいただきものは、一度神棚にお供えしてからいただくと良いですよ。これは決まりではありません。でも、そのようにすることで、大きな御利益を頂ける気がしますね。

私の家はみんな日本酒好きなので、よく美味い酒が手に入ります。そんな時は先に神様にお供えしていますよ(^-^)

【神社のお札の正しい貼り方】正しい場所と方角でご利益増し増し!



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. 作法

    【お墓参りの作法】 お供え物や花など必要な持ち物とマナーは?

    お墓参りはご先祖を敬い、故人を偲ぶ大切な行事の一つです。お墓参りには宗…

  2. 作法

    【神社のお札の正しい貼り方】正しい場所と方角でご利益増し増し!

    神社でお札を頂いたけど神棚がない場合には、立てかけるか貼るかして祀るこ…

  3. 作法

    その品物迷惑かも…お見舞いにもらって困るもの、嬉しいもの

    病院へのお見舞い、何を持って行こうか悩んでいるあなたへ。私が一番お勧め…

最近の記事

PAGE TOP