インフルエンザ

2018 今年のインフルエンザの特徴と症状!A型とB型両方に注意!

とてもつらい症状を伴うことが多いインフルエンザ・・・

毎年12月から3月あたりに流行することが多いのですが、今年は10月初旬頃から少しずつ流行り始めているそうです・・・

インフルエンザはその年ごとに流行するタイプが違うので、その特徴や症状も変わります。

今年(2018年)流行しそうだと予測されているインフルエンザのタイプと、その特徴や症状についてご紹介していきます。

スポンサーリンク





今年流行しそうなインフルエンザの特徴と症状とは

人が感染するインフルエンザウイルスにはいくつかの種類があり、大きく分けて三種類、「A型」「B型」「C型」に分類されます。

「C型」については一度感染すると免疫がつくことから、まだ免疫がついていない子供が感染することが多く、大流行することはほとんどありません。

 

厚生労働省では、今年(2018年)は「A香港型」「H1N1型」「B型」のインフルエンザが流行すると予想しています。

 

今年流行しそうなインフルエンザのタイプは3つもある為、運が悪いと1年に3回もインフルエンザにかかってしまうリスクがあるんです・・・

実際私の知り合いにも、同じ年に3回インフルエンザに罹ってしまった人がいました。とても気の毒でしたよ・・・

 

そんな苦しみを味合わないためにも、感染予防が大切ですね。

 

A香港型インフルエンザの症状や特徴

A香港型とは、インフルエンザA型の一種で、以前香港で大流行したことから、「香港かぜ」と呼ばれることもあります。

毎年12月月下旬ごろから、1月、2月にかけて大流行することが多いです。

2017年は既に10月から発症が確認されているので、このA型(H1N1型もA型のひとつ)には要注意です。

 

A香港型のインフルエンザウイルスに感染すると、A型インフルエンザ特有の症状が現れます。

 

  • 急に38度以上の高熱がでる
  • 強い悪寒がする
  • 全身の関節痛や筋肉痛
  • 全身倦怠感
  • 頭痛

 

特に、急に高熱が出るという特徴があるので、流行時期に急な高熱が出たら、インフルエンザを疑いましょう。

 

また、普通の風邪とは違い、鼻水や喉の痛み、咳などの症状が、終わりかけに現れることもあります。

高齢者などは重症化しやすく、肺炎などを起こし命を落とす危険性もあります。

 

スポンサーリンク

 

H1N1型インフルエンザ

H1N1型とは、2009年春頃から2010年3月にかけて流行した、あの厄介な新型インフルエンザのことです。

A型インフルエンザのひとつなのですが、「2009年新型インフルエンザ」とも言われています。

 

H1N1型インフルエンザは新型なので、今までに罹ったことがない人は抵抗力を持っておらず、症状が重症化しやすいリスクがあります。

 

流行し始めた頃は、H1N1型インフルエンザに感染すると、死亡してしまうリスクも高かかったそうですが、現在では、既にワクチンが完成しています。

 

H1N1型のインフルエンザは、大きく分けるとA型インフルエンザのひとつなので、症状はA型インフルエンザと同じです。

ただ、多くの場合下痢や嘔吐も伴うのが特徴です。

 

 

B型インフルエンザ

B型インフルエンザは、A型インフルエンザの流行が終わる、2月〜3月頃に流行しやすいのが特徴です。

B型インフルエンザの感染力は、A型に比べて感染力は強くありませんが、症状が長引きやすと言われています。

 

風邪との違いを見分ける時の、インフルエンザの大きな特徴と言えば、思い浮かぶのが「高熱症状」ですよね。

ですが、B型インフルエンザの場合は、あまり高熱が出ないケースも多いです。

そのため、発症してもインフルエンザだと気づくのが遅れがちです。

 

B型インフルエンザの特徴は・・・

 

  • 38度以上の高熱
    あるいはそれ以下の微熱か平熱
  • 悪寒
  • 下痢、便秘、腹痛、嘔吐
  • 全身の関節痛や筋肉痛
  • 全身倦怠感
  • 頭痛
  • 鼻水、咳、痰

高熱が出ない場合、風邪と間違えやすいかもしれないので注意してくださいね。

 

また、B型インフルエンザの場合は、下痢、便秘、腹痛、嘔吐などの消化器系の症状が強くでるという特徴もあり、ノロウイルスと間違われることもあるようです。

 

 

インフルエンザは予防が大切!

インフルエンザは、「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」により感染するのですが、特に注意が必要なのは、咳やくしゃみなどによる「飛沫感染」です。

 

1回のくしゃみで約200万個ものインフルエンザウィルスをまき散らしてしまいます・・・

咳の場合は1回で約10万個もウイルスが飛沫するそうです・・・

 

怖いですよねえ・・・

 

インフルエンザの感染を予防するため、部屋や教室、バスや電車など閉ざされた空間にいる時は、マスクの着用がとても大切です。

 

ただし、普通のマスクではあまりインフルエンザ予防には効果がありません。着けないよりマシ、という程度です。

インフルエンザには、できれば N95タイプのマスクを着用すると良いです。

ただ、インフルエンザの流行時期は、N95タイプは品薄になり、手に入りにくいのが難点ですが・・・

 

 

インフルエンザの予防接種はいつ受ける?

インフルエンザの予防接種は、接種後約2週間しないと予防効果を発揮することができません

なので、インフルエンザの予防接種は、インフルエンザが流行する前に接種しておくことが望ましいです。

 

今年は、10月初旬ごろからすでに発症が確認されていますので、できるだけ早めに受けた方が良さそうです。

 

また、今年はワクチンの製造が追いついていない、というニュースを聞きました。

毎年インフルエンザワクチンは品薄状態になるのですが、今年はさらに品薄になる可能性があります。

できれば早めに医療機関へ予約して、自分のワクチンを確保しておきましょう。

 

インフルエンザに感染しないために、マスクの着用や手洗いうがいを徹底し、健康に気を配るようにしてくださいね!

 

その他のインフルエンザの記事

「あれ、これインフレエンザかな・・・?」と思った時に読んでください。

医療機関を受診するまでの対処法をお話ししています。

その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

 

インフルエンザにかかってしまったら、少しでも症状を軽くしたいですね。

インフルエンザを発症したら…苦しい症状がとっても楽になる対策方法

 



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. インフルエンザ

    その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

    「あれ、この症状インフルエンザかな…?」 そう思った時に読んでください…

  2. インフルエンザ

    その熱、風邪じゃないかも…子供のインフルエンザの特徴と症状

    子供のその風邪、もしかしたらインフルエンザかもしれませんよ! 子どもの…

  3. インフルエンザ

    インフルエンザを発症したら…苦しい症状がとっても楽になる対策方法

    インフルエンザで療養中だけど、その苦しさを少しでも軽くしたいあなたへ。…

  4. インフルエンザ

    子供のインフルエンザが治ったら、いつから保育園に行っていいの?

    「子どものインフルエンザも治って元気いっぱい、もう保育園へ行ってほしい…

最近の記事

  1. ガリレオ(2013)のドラマ動画が無料視聴できる安全なサイト教えます!パンドラやデイリーモーションは危険!
  2. ガリレオ(2007)のドラマ動画が全話無料視聴できる安全なサイト!パンドラやデイリーモーションは危険!
  3. 『家なき子』の動画が全話無料視聴できる安全なサイト教えます!パンドラやデイリーモーションは危険!
  4. うる星やつらのアニメ動画が全話無料視聴できる安全なサイト教えます!アニポやアニチューブは危険!
  5. 超時空要塞マクロスのアニメ動画が全話無料視聴できるサイト教えます!アニポやアニチューブは危険!
PAGE TOP