インフルエンザ

インフルエンザを発症したら…苦しい症状がとっても楽になる対策方法

インフルエンザの季節がとうとうやってきました・・・

感染力の強いインフルエンザ、うっかり感染してしまいつらい症状に苦しんだ経験のある方は多いのではないでしょうか。

 

インフルエンザは病院を受診しなければならないのは当たり前のことなのですが…

病院に行ったからといって、あの苦しい症状がすぐに解消するわけではありません。

 

でも、できれば少しでも楽にやり過ごしたいですよね。

そこで、インフルエンザを発症した時、苦しい症状をとっても楽にする対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク



インフルエンザの苦しい症状が楽になる対策方法

インフルエンザの苦しい症状は、次のようにすると少しでも楽にできます。

ただし、これらの方法はちゃんと医療機関で、インフルエンザの治療を受けていることが前提です。

 

インフルエンザの治療は、発症から48時間以内に始めないと、治療効果が低くなる恐れがあります。

インフルエンザかな? と思ったら必ず受診するようにしてください。

その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

 

 

部屋は暖かくし、加湿をする

まずは、療養する部屋の環境を整えましょう。

療養する部屋は暖かくして、十分に加湿するようにしてください。

 

 

高熱による苦しさを軽減する

インフルエンザで一番苦しいのは、やっぱり高熱がでることですね。

熱は体がインフルエンザウィルスを撃退する為に高くなるので、あまり解熱する必要はないのが本当のところです。

 

 そうは言っても、高熱が長く続くと本当に辛いです。

すこしでも高熱の苦しみを改善したい時、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

解熱剤は使用しても大丈夫?

インフルエンザの場合、安易に市販の解熱薬を使うのはお勧めしません。

解熱剤にはインフルエンザと相性の悪いものが多く、間違ったものを使うと重篤な副作用を起こすリスクがあるからです。

 

インフルエンザで受診した際に、医師から処方されたものであれば大丈夫です。

高熱を少しでも緩和したいなら、受診時に相談して、必ず医師から処方してもらうようにしましょう。

 

それでも、「どうしても市販薬を使いたい・・・」という人もいると思います。

そんな場合は、アセトアミノフェン単一系のものか、イブプロフェン系のものにしてください。

 

念を押して言いますが、市販薬の使用はあくまでも自己責任です。医師が処方した薬に、自分で勝手に市販薬を足して飲むのは危険です。

 

ドラッグストアなどで買える市販薬は・・・

 

アセトアミノフェン単一系

  • タイレノールA

※15歳未満は、このアセトアミノフェン単一系の薬の使用が推奨されています。

 

 イヴプロフェン系

  • イブA錠
  • ノーシンピュア
  • バファリンルナi

※イヴプロフェン系は、15歳未満の子どもは使用できないものがほとんどです。

 

スポンサーリンク

 

両脇を氷で冷やす

血液をを冷やすことで、一時的ですが一気に熱感を冷ますことができます。

効果的に冷やすか所は、首(頸動脈)、脇の下、足の付け根(鼠径部)などがありますが、ここでは、首の冷やし方について説明します。

 

首の左右、喉のあたりを軽く触って、脈打っている場所を見つけてください。

そこに大きな動脈があるので、氷を入れた袋や保冷剤などで冷やします。

冷却シートを使う人もいますが、気持ちがいいだけで冷却にはあまり効果が無いです。氷か保冷剤を使いましょう。

 

【 注意 】

この方法は一気に体を冷やせますが、長くやり過ぎると体が冷えすぎて危険です。あくまで短時間だけ行う方法です。

様子をみて、熱感が緩和されたところで中断してください。

 

高熱は体が敵と戦っている証です。冷却はその邪魔をすることになるので、あくまで一時的、応急的なものと思っておきましょう。

 

 

インフルエンザによる頭痛の緩和

頭痛の症状が辛い場合は、頭を冷やしてあげると楽になります。

 

解熱鎮痛剤を使用したいなら、受診時に医師から処方してもらったものにしてください。

使える市販薬は高熱時のものと同じですが、自己判断での市販薬の使用はとっても危険です。

 

ただ、インフルエンザで受診して、最初から解熱剤や鎮痛剤を処方されることは少ないかもしれません。

頭痛に限らず、症状がひどい時は再度医療機関を受診する事をお勧めします。

場合によっては、重篤化している可能性もあり得ますから。

 

 

強い悪寒がする時

インフルエンザの時の強い悪寒は、体がウィルスと闘っているために起こります。

なので、高熱が治まるとともに、悪寒も消えていきます。

悪寒が消えるまでの間は、部屋の温度を上げる、暖かい布団で眠るなどして頑張りましょう。

 

  • 今年(2017å¹´-2018年)流行しそうなインフルエンザの特徴と症状について!

2017-2018 今年のインフルエンザの特徴と症状!A型とB型両方に注意!

 

  • 「あれ、これインフレエンザかな・・・?」と思った時に読んでください。医療機関を受診するまでの対処法をお話ししています。

その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. インフルエンザ

    その熱、風邪じゃないかも…子供のインフルエンザの特徴と症状

    子供のその風邪、もしかしたらインフルエンザかもしれませんよ! 子どもの…

  2. インフルエンザ

    子供のインフルエンザが治ったら、いつから保育園に行っていいの?

    「子どものインフルエンザも治って元気いっぱい、もう保育園へ行ってほしい…

  3. インフルエンザ

    その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

    「あれ、この症状インフルエンザかな…?」 そう思った時に読んでください…

  4. インフルエンザ

    2018 今年のインフルエンザの特徴と症状!A型とB型両方に注意!

    今年流行すること予測されている、インフルエンザのタイプはこれです・・・…

最近の記事

PAGE TOP