母ぎæ—Ĩ

母ぎæ—Ĩぎ手į´™ãŽæ›¸ãæ–šīŊœãŸãŖたぎ1文でも母がæŗŖいãĻ喜ãļ䞋文集

母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトãĢ「手į´™ã€ã‚’つけるだけで、世į•ŒãĢ一つだけぎį‰šåˆĨãĒ母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトãĢãĒりぞす。

でも、母ぎæ—ĨãĢ手į´™ã‚’書こうとしãĻも、おぎようãĢ書けば喜んでもらえるぎか、手į´™ãŽæ›¸ãæ–šã§æ‚Šã‚€äēēも多いそうです。

 

でも大丈å¤Ģīŧã€€æ‰‹į´™ã¯åŋƒãŒã“ã‚‚ãŖãĻいれば、įŸ­ããŸãŖãĻ全į„ļいいんです。たãŖたぎ1文でも、母čĻĒがæŗŖいãĻ感æŋ€ã™ã‚‹æ‰‹į´™ãŽæ›¸ãæ–šã‚’æ•™ãˆãĄã‚ƒã„ãžã™īŧ

į´ æ•ĩãĒ母ぎæ—ĨプãƒŦã‚ŧãƒŗãƒˆã‚’č´ˆã‚Šãžã—ã‚‡ã†ã€‚

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク



母ぎæ—ĨãŽä¸€č¨€ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジぎ䞋文

最éĢ˜ãŽč¨€č‘‰ã‚’č´ˆã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚Œã°ã€ã‚€ã—ã‚å“į‰Šã‚ˆã‚Šã‚‚はるかãĢグãƒŦãƒŧドぎéĢ˜ã„母ぎæ—ĨプãƒŦã‚ŧãƒŗトãĢãĒりぞす。į§ã¯ã€æ¯ãŽæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトは、åŋƒã‚’čžŧめた手į´™ãŒæœ€éĢ˜ãŽãƒ—ãƒŦã‚ŧãƒŗトだと思ãŖãĻいるくらいです。

 

でも、母ぎæ—ĨãĢ手į´™ã‚’æ›¸ãå ´åˆã€ã‚ã‚Œã“ã‚Œã¨č€ƒãˆãĻしぞうと手į´™ãŽæ›¸ãæ–šãĢčŋˇãŖãĻしぞいぞすねãƒģãƒģãƒģ

そこで、たãŖたぎ1文でも母čĻĒがæŗŖいãĻ感動しãĻくれる、いわゆるキナãƒŧワãƒŧドを教えぞす。įŸ­ã„言葉ãĢあãĒたぎæƒŗいをčžŧめぞしょうīŧ

 

 母ぎæ—ĨプãƒŦã‚ŧãƒŗトぎ1文手į´™ãŽäž‹ã€€

 

お母さんぎ子おもãĢį”Ÿãžã‚ŒãĻきãĻč‰¯ã‹ãŖた。 

お母さんぎ子おもで嚸せだよ。 

いつぞでも元気でね。 

あãĒãŸãŽå­ãŠã‚‚ã§č‰¯ã‹ãŖたよ。 

あãĒたはį§ãĢとãŖãĻ、世į•Œã§æœ€éĢ˜ãŽæ¯čĻĒです。

 

あãĒたは「こんãĒįŸ­æ–‡ã§ã„いぎãƒģãƒģãƒģīŧŸã€ã¨æ€ã†ã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚ã§ã‚‚ã€ä¸€č¨€ã ã‹ã‚‰ã“ãæœŦåŊ“ãĢäŧãˆãŸã„æ°—æŒãĄãŒã“ã‚‚ãŖた手į´™ãĢãĒりぞす。

母ぎæ—Ĩぎ手į´™ãŽæ›¸ãæ–šã§čŋˇãŖたときãĢは、åŋƒãĢã‚°ãƒƒã¨ãã‚‹ä¸€č¨€ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジを書いãĻプãƒŦã‚ŧãƒŗトしãĻãŋぞせんかīŧŸ

 

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク

 

母ぎæ—ĨãĢč´ˆã‚‹å°‘ã—é•ˇã„æ‰‹į´™ãŽäž‹æ–‡

「母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトだし、やãŖãąã‚Šã‚‚ã†å°‘ã—é•ˇã„æ‰‹į´™ã‚’書きたいãĒ。」というあãĒたãĢ、そぎようãĒ場合ぎ手į´™ãŽäž‹æ–‡ã‚’į´šäģ‹ã—ぞす。

いつもåŋƒé…ã—ãĻくれãĻありがとう。これからも元気でいãĻね。 

お母さんがしãĻくれたことãĢは及ばãĒいけれお、ãģã‚“ãŽæ°—æŒãĄã‚’č´ˆã‚Šãžã™ã€‚é•ˇį”Ÿãã—ãĻね。  

毎æ—ĨごéŖ¯ã‚’äŊœãŖãĻくれãĻ感čŦã—ãĻいぞす。これからもčŋˇæƒ‘をかけると思うけお、é ŧりãĢしãĻいるから元気でいãĻください。   

č‡Ē分で掃除、洗æŋ¯ã€æ–™į†ã‚’こãĒす大変さが分かりぞした。æœŦåŊ“ãĢありがとう。

 

たãŖた1æ–‡ãŽãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジではãĒくãĻ、いくつかぎ文įĢ ãŒãģしい場合ãĢは、䞋文ぎようãĒ手į´™ã‚’å‚č€ƒãĢã™ã‚‹ã¨č‰¯ã„ã§ã™ã‚ˆã€‚

ぞた、母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã§ã‚ã‚Œã°ã€ã“ãŽäž‹æ–‡ãã‚‰ã„ãŒãĄã‚‡ã†ãŠč‰¯ã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

 

母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã§ã‚‚é•ˇã€…ã¨ã‹ã—ã“ãžãŖた文įĢ ã§ã¯ãĒく、感čŦã—ãĻいることを゚トãƒŦãƒŧトãĢäŧãˆã‚‹ãģうが劚果įš„です。į´šäģ‹ã—ãŸäž‹æ–‡ã‚’å‚č€ƒãĢしãĻ、母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã‚’書いãĻãŋãĻくださいね。

 

 

母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã‚’書くときぎ3つぎã‚ŗツ

 

「せãŖかくぎ母ぎæ—ĨãĢ書く手į´™ãĒぎãĢ、įŸ­ã„ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジでは感čŦãŽæ°—æŒãĄã‚’äŧãˆãã‚ŒãĒいãƒģãƒģãƒģ」 というäēēもいると思いぞす。

そこで、もãŖã¨é•ˇã„æ¯ãŽæ—Ĩぎ手į´™ã‚’書くときぎã‚ŗツをį´šäģ‹ã—ぞす。母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã¯ã€æ¯čĻĒãĢčĒ­ã‚“でもらãŖãĻ喜ばれることが大切です。喜ばれる手į´™ã‚„æ–‡įĢ ã‚’書く場合、たãŖた3つぎã‚ŗツをæŠŧさえãĻãŠãã ã‘ã§č‰¯ã„æ‰‹į´™ãĢãĒりぞす。

 

母ぎæ—Ĩぎ手į´™ãŽæ›¸ãæ–šīŊœãŸãŖたぎ1文でも母がæŗŖいãĻ喜ãļ䞋文集2

 

母ぎæ—ĨãĢ喜ばれる手į´™ãŽæ›¸ãæ–šãŽã‚ŗツは、æŦĄãŽ3つです。

 

īŧ‘īŧ‰æ¯čĻĒとぎエピã‚Ŋãƒŧドを書く

īŧ’īŧ‰ããŽã‚¨ãƒ”ã‚Ŋãƒŧドでč‡Ē分が感じたことを書くīŧˆæ„ŸčŦãŽæ°—æŒãĄīŧ‰

īŧ“īŧ‰ã“れからぎこと書く

 

これは手į´™ã‚’書くときぎåŸēæœŦ中ぎåŸēæœŦです。こぎ3つを順ãĢ手į´™ãĢå…Ĩれるだけで、母ぎæ—ĨãĢ喜んでもらえる手į´™ã‚’書くことができぞす。

こぎåŸēæœŦぎåŊĸをæŠŧさえた手į´™ã§ã€ã•ã‚‰ãĢおこをおぎようãĢæ›¸ããŽã‹ãŒå¤§åˆ‡ã§ã™ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€é †åēã‚’å…Ĩれæ›ŋえたりįœį•ĨしたりしãĻも構いぞせん。

 

大切ãĒことは、č‡Ē分がäŧãˆãŸã„ことを多く書いãĻ、重čĻã§ã¯ãĒいと思う部分を少ãĒãã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã€æ°—æŒãĄã‚’äŧãˆã‚„すい手į´™ãĢするã‚ŗツです。

 

 

é•ˇã„æ‰‹į´™ã‚’書くときぎ䞋文

æŦĄãŽã‚ˆã†ãĒ構成ãĢするだけで、ã‚ĒãƒĒジナãƒĒテã‚Ŗãƒŧぎある母ぎæ—Ĩぎ手į´™ãĢすることができぞすよ。

īŧ‘īŧŽæ‰‹į´™ã‚’書いたį†į”ąã€€

īŧ’īŧŽæ¯čĻĒとぎ子䞛ぎときぎエピã‚Ŋãƒŧド  

īŧ“īŧŽč‡Ē分が感じたことと感čŦã€€ã€€

īŧ”īŧŽå¤§äēēãĢãĒãŖãĻ気ãĨいた母čĻĒぎ大変さīŧˆã‚¨ãƒ”ã‚Ŋãƒŧドīŧ‰ã€€ã€€

īŧ•īŧŽããŽã“とをおう思ãŖたか  

īŧ–īŧŽæ„ŸčŦãŽč¨€č‘‰ã€€ã€€

īŧ—īŧŽã“れからぎこと


こぎようãĒ構成で母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã‚’æ›¸ãã¨ã€å°‘ã—é•ˇã„æ‰‹į´™ãĢãĒりぞす。åŸēæœŦįš„ãĢは3つぎã‚ŗツをįĩ„ãŋ合わせãĻいるだけです。

ã¤ãžã‚Šã€č¤‡æ•°ãŽã‚¨ãƒ”ã‚Ŋãƒŧドをįĩ„ãŋčžŧむことで、č‡Ē分がおれだけ母čĻĒãŽä¸–čŠąãĢãĒãŖãĻいたか、母čĻĒãĢいくら感čŦã—ãĻもčļŗりãĒã„ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’čĄ¨įžã—ãĻいぞす。

 

ã§ã¯ã€å…ˇäŊ“įš„ãĒ䞋文をį´šäģ‹ã—ぞす。

 

1.  いつもありがとう。éĸと向かãŖãĻčŠąã™ãŽã¯į…§ã‚Œč‡­ã„から手į´™ãĢしぞした。

2.  éĸ¨é‚Ēをåŧ•ã„たときãĢは寝ãĒいでįœ‹į—…しãĻくれたよね。å­Ļæ ĄčĄŒäē‹ãĢはæŦ ã‹ã•ãšãĢæĨãĻくれたし、いつもč‡Ē分ぎことは垌回しだãŖたよね。いつもį§īŧˆåƒ•īŧ‰ãŽã“とばかりで、č‡Ē分ぎäŊ“ぎことãĒんãĻč€ƒãˆãĻいãĒかãŖたよね。

3.  いつもåŋœæ´ã—ãĻくれたからæœŦåŊ“ãĢ勇気ãĨã‘ã‚‰ã‚ŒãŸã—ã€č‰˛ã‚“ãĒことを頑åŧĩれたよ。æœŦåŊ“ãĢ感čŦã—ãĻいぞす。

4.  一äēē暎らしを始めãĻč‡Ē分でåŽļぎことをするようãĢãĒると、料į†ã‚„æ´—æŋ¯ãŽå¤§å¤‰ã•ãŒåˆ†ã‹ãŖãĻきぞした。

5.  č‡Ē分ぎ分だけでも大変ãĒぎãĢ、åŽļæ—å…¨å“Ąåˆ†ã‚’ã—ãĻいたお母さんはもãŖと大変だãŖたよねīŧŸã¤ããĨããŠä¸–čŠąãĢãĒãŖたと感じãĻいぞす。きãŖとč‡Ē分ãĒらできãĒã„ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚å›˛ãŋ枠a

6.  æœŦåŊ“ãĢありがとう。おんãĒãĢ感čŦã—ãĻもčļŗりãĒいくらいです。

7.  お母さんがもãŖとæĨŊãĢãĒるようãĢäŊ•ã‹ã—ãĻあげたいけお、åŋ™ã—くãĻäŊ•ã‚‚できそうãĢありぞせん。だから、せめãĻ母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗãƒˆã‚’č´ˆã‚Šãžã™ã€‚ã„ã¤ã‚‚åŋƒé…ã‚’かけãĻã”ã‚ã‚“ã­ã€‚ã“ã‚Œã‹ã‚‰ã‚‚å…ƒæ°—ã§é•ˇį”Ÿãã—ãĻね。

ã“ãŽäž‹æ–‡ãŽæ§‹æˆã‚’å‚č€ƒãĢしãĻ母ぎæ—Ĩぎ手į´™ã‚’書いãĻくださいね。



゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク

ã“ãŽč¨˜äē‹ãŒéĸį™Ŋいīŧ



é–ĸé€Ŗ記äē‹

  1. 母ぎæ—Ĩ

    母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトīŧåŽ‰ã„けおすごく喜ばれるお勧めゎフトīŧ”選

    母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトはéĢ˜ã‘ればいいãŖãĻもではありぞせんよ。厉い値æŽĩでもとâ€Ļ

  2. 母ぎæ—Ĩ

    母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトãĢįžé‡‘ã‚’č´ˆã‚‹īŧå¤ąį¤ŧぎãĒã„å–œã°ã‚Œã‚‹č´ˆã‚Šæ–š

    母ぎæ—ĨãĢįžé‡‘ã‚’č´ˆã‚‹ãŖãĻマナãƒŧ違反īŧŸã€€å¤ąį¤ŧぎãĒã„č´ˆã‚Šæ–šãŖãĻあるぎīŧŸã€€ãã‚“â€Ļ

  3. 母ぎæ—Ĩ

    母ぎæ—ĨぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトをįžŠæ¯ãĢあげãĒいで済むとãŖãĻã‚‚č‰¯ã„æ–šæŗ•

    äģŠåš´ã‚‚母ぎæ—ĨがやãŖãĻきぞした。けãŖこう大きãĒイベãƒŗトです。でも、母ぎæ—Ĩâ€Ļ

  4. 母ぎæ—Ĩ

    厉い母ぎæ—ĨプãƒŦã‚ŧãƒŗトでもæŗŖいãĻ喜ばれるčļ…おすすめãĒč´ˆã‚Šæ–š

    厉い母ぎæ—ĨプãƒŦã‚ŧãƒŗトだãŖãĻ、åŋƒã‚’čžŧめãĻč´ˆã‚Œã°ãã‚Œã ã‘ã§å–œã‚“ã§ã‚‚ã‚‰ãˆãžã™â€Ļ

最čŋ‘ãŽč¨˜äē‹

PAGE TOP