インフルエンザ

その熱、風邪じゃないかも…子供のインフルエンザの特徴と症状

すっごく元気でいつものように保育園に連れて行ったのに…

「お熱が出たので迎えにきてください」

なんてことよくありますよね。

 

「え〜嘘だ〜!!なんでなんで?」

と心配しながら迎えに行くと、めちゃくちゃ元気なこともあります。

こどもはお熱があっても元気なことが多いので、軽く考えてしまいがちですが、夜中になるとぐったりして大慌て…なんてことも少なくありません。

 

その熱…もしかすると風邪じゃないかも… 子供のインフルエンザの特徴と症状についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク





子供のインフルエンザの特徴と症状

子供は免疫力がそこまで高くないため、大人よりもインフルエンザに感染しやすいと言われています。特に保育園や幼稚園に通っていると、すぐ感染してしまいます。

子供のインフルエンザは気付きにくいため、重症化してしまうことも少なくありません。インフルエンザが流行っていない場合も、インフルエンザになる可能性はあるので、熱が出た時は注意が必要です。

まずは子供のインフルエンザの特徴と症状を知っておきましょう!

 

 

子供のインフルエンザは初期症状に気付きにくい

子供のインフルエンザは、大人と同じような症状が起こるのですが、インフルエンザの特徴とも言える初期症状である、熱や関節痛や筋肉痛がないことがあったり、気付きにくい場合が多いそうです。

 

その熱、風邪じゃないかも…子供のインフルエンザの特徴と症状3

 

なのでインフルエンザだということに気付かず、ただの風邪だと軽く考えられてしまい、症状が長引いたり重症化してしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

子供のインフルエンザは熱に特徴あり!

子供のインフルエンザの症状の熱には、このような特徴があるといわれています。

  • 38度以上の高熱が出る
  • 熱があっても元気にみえる
  • 熱が出ない
  • 熱がなかなか下がらない
  • 熱が上がったり下がったりを繰り返す
  • 微熱が続く

 

その熱、風邪じゃないかも…子供のインフルエンザの特徴と症状4

 

こんなふうに、症状の出かたが、大人とは少し違うこともあります。このため、インフルエンザと気づくのに時間がかかってしまうことがるんですよね・・・

 

うちの子たちも、38度以上の高熱でも走り回っているということがあったり、夜になると突然ぐったりし、急いで救急病院に行ったこともありました。

こどもの高熱時の対策は、インフルエンザに限らずしっかりしておく必要がありますね。

 

インフルエンザにかかったかなと思ったら、受診するまでの対策方法はこちら

その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

 

スポンサーリンク

 

子供のインフルエンザは合併症に注意!

子供のインフルエンザの症状は、悪化により合併症が起こりやすいのも特徴の一つです。

インフルエンザによる合併症には、以下のようなものがあります。

 

 インフルエンザ脳炎・脳症

インフルエンザ脳炎・脳症とは、1〜5歳くらいまでの乳幼児がインフルエンザを発症することにより、痙攣(けいれん)を起こしたり、意識障害、異常行動などを起こす病気です。

インフルエンザ脳炎・脳症は、血管が詰まってしまうこともあり、多臓器不全になり死亡することもあるので大変危険です。

 

 

 熱性痙攣(ねっせいけいれん)

子供がインフルエンザになると熱性痙攣を起こすことがあります。熱性痙攣は、38度以上の発熱の時に起こる痙攣のことを言い、生後6ヶ月から6歳くらいまでの乳幼児に多いそうです。

熱性痙攣は突然起こることもあり、次のような症状があります。

  • 身体が固まり手足がガタガタ震える
  • 目が上を向き白目になる
  • 呼びかけても反応しない
  • 顔色が悪くなる

 

熱性痙攣は、後遺症が残ったり、命を起こすようなことはほとんどないそうですが、注意しておきましょうね。

 

 

 中耳炎

子供がインフルエンザになると、中耳炎を起こすことがあります。中耳炎は、大人が発症することもありますが、耳管の発達が未熟で短い乳幼児や子供に多く見られるそうです。

インフルエンザによる中耳炎は、中耳にインフルエンザウイルスが侵入してしまうことや、インフルエンザにより免疫力が低下したことにより起こります。

中耳炎になると、耳鳴り、耳の痛み、耳垂れなどが起こったり、耳が聞こえづらくもなる場合もあります。

 

 

 気管支炎

子供がインフルエンザになると、気管支炎を起こすこともあるので注意が必要です。インフルエンザウイルスにより起こる気管支炎は、気管支にインフルウイルスが侵入することにより起こります。

インフルエンザによる気管支炎は、高熱と激しい咳がでるのが特徴です。

 

 

インフルエンザに市販薬はNG!子供の高熱や痛みへの対処は?

インフルエンザによる高熱や痛みを抑えるために、自己判断で市販薬を使用するのは止めましょう。

インフルエンザ脳症など重い副作用を引き起こし、最悪命を落とす可能性もあるためNGです。

 

高熱が続いていて、解熱鎮痛薬を飲ませたい時は、かならず医師から処方してもらった薬にするべきです。

薬を処方してもらうためにも、再度受診するようにしましょう。

 

4人の子どもがいる我が家では、座薬の解熱鎮痛薬を小児科で処方してもらって使用します。

たとえば・・・

 

・アンヒバ坐剤

・アルピニー坐剤

・カロナール坐剤

 

すべてアセトアミノフェンという成分の解熱鎮痛剤で、インフルエンザの時にも子供に処方できる薬です。

 

 

その他のインフルエンザの記事

★ 今年(2017年-2018年)流行しそうなインフルエンザの特徴と症状について!

2017-2018 今年のインフルエンザの特徴と症状!A型とB型両方に注意!

 

★ 「あれ、これインフレエンザかな・・・?」と思った時に読んでください。医療機関を受診するまでの対処法をお話ししています。

その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

 

★ インフルエンザにかかってしまったら、少しでも症状を軽くしたいですね。

インフルエンザを発症したら…苦しい症状がとっても楽になる対策方法



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. インフルエンザ

    インフルエンザを発症したら…苦しい症状がとっても楽になる対策方法

    インフルエンザで療養中だけど、その苦しさを少しでも軽くしたいあなたへ。…

  2. インフルエンザ

    子供のインフルエンザが治ったら、いつから保育園に行っていいの?

    「子どものインフルエンザも治って元気いっぱい、もう保育園へ行ってほしい…

  3. インフルエンザ

    2018 今年のインフルエンザの特徴と症状!A型とB型両方に注意!

    今年流行すること予測されている、インフルエンザのタイプはこれです・・・…

  4. インフルエンザ

    その風邪、インフルエンザかも!症状の特徴と受診する迄にすべき対策

    「あれ、この症状インフルエンザかな…?」 そう思った時に読んでください…

最近の記事

  1. ガリレオ(2013)のドラマ動画が無料視聴できる安全なサイト教えます!パンドラやデイリーモーションは危険!
  2. ガリレオ(2007)のドラマ動画が全話無料視聴できる安全なサイト!パンドラやデイリーモーションは危険!
  3. 『家なき子』の動画が全話無料視聴できる安全なサイト教えます!パンドラやデイリーモーションは危険!
  4. うる星やつらのアニメ動画が全話無料視聴できる安全なサイト教えます!アニポやアニチューブは危険!
  5. 超時空要塞マクロスのアニメ動画が全話無料視聴できるサイト教えます!アニポやアニチューブは危険!
PAGE TOP