花粉症

3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策8選!

花粉症はよくある病気の一つで、日本では約25%の方が花粉症なんだそうです。

花粉症と言えばスギ花粉を思い出しますが、原因となる花粉は約60種類もあるので大変です…

 

特に3月~4月ころは、スギ花粉症だけでなくヒノキ花粉にも要注意!

今回は、スギやヒノキによる花粉症の症状や、改善対策についてお話します。

スポンサーリンク



3月~4月にピークとなる花粉症

さっきもお話ししましたが、3月や4月はスギとヒノキの花粉症がピークになります。ただ、縦に長い日本ですから、地域によってピークの時期が多少異なります。

スギ花粉のピーク
3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策7選1

ヒノキ花粉のピーク
3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策7選2

 

ピークが重なる3月~4月は要注意ですね!

5月頃になっても花粉症が一向に治まらない人は、スギ花粉所とヒノキ花粉症を合併して持っている可能性があります。その場合は、花粉症の症状が重くなるリスクがあるのでホント注意してくださいね。

 

また、花粉は1年中いろんなものが飛んでいるので、年中花粉症って人も…

5月6月に酷くなる花粉症はこんなにある!症状と対策方法

【夏に起こる花粉症】夏の花粉症の原因と症状&改善対策

8月や9月に長引く夏風邪は花粉症が原因?その症状と改善対策

 

3月4月 スギとヒノキの花粉症の症状は?

スギ花粉症とヒノキ花粉症の症状はとても似ています。

 

鼻水がとまらない

3月4月、スギやヒノキの花粉症になると鼻水が止まらなくなるという症状が現れます。きっとティッシュが手放せなくなるはず!

1日に一箱使い切るなんてことも珍しくありません。さらさらした鼻水が次から次へと出てくるので、鼻が垂れていることに気付かないなんてことも…。

 

3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策4

 

風邪をひいた時も鼻水が止まらなくなることはありますが、風邪の場合は色のついた粘り気のある鼻水になりませんか?

花粉症の場合は、鼻水はさらさらで透明なのが特徴であるそうです。花粉症かな…と思った時はどのような鼻水が出ているのかチェックしてみてください!

 

くしゃみが止まらない

3月4月に多いスギやヒノキの花粉症の場合、くしゃみが止まらないという症状が現れます。くしゃみをすると鼻水がブーと出てしまい、とても恥ずかしい思いをすることも…。

 

3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策6

 

花粉症による鼻水やくしゃみは、花粉を外に出すために起こる症状なのだとか!  鼻水がブーと出ると花粉も一緒に出てくるということですね!

くしゃみは休む暇もなく、連発で出ることが多いと言われています。くしゃみをしすぎて腹筋が痛くなったり、疲れ果ててしまうことも…。会議中など静かにしなければならない時は、特につらいですね…。

 

 

苦しい…鼻づまり

3月4月、スギやヒノキの花粉症になってしまうと、鼻づまりの症状も現れます。鼻づまりは、鼻水が詰まっているのではなく、鼻の粘膜が腫れてしまうことで起こるそうです。

 

3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策7

 

これがもう本当に苦しい!!  風邪で鼻が詰まるという経験をする方は多いと思いますが、体はだるいしボーとするし、苦しすぎて眠れませんよね。

花粉症の鼻づまりも同じで、花粉の季節になると寝不足になってしまう方も多いと思います。美味しいものを食べても味がしないなんて、気が滅入りますね。

 

 

目がかゆい!充血や涙目

3月4月、スギやヒノキの花粉で花粉症になると目の症状も現れます。目はかゆくなったり、充血したり、涙目になります。

わたしの母が花粉症なのですが、目玉を出して洗いたいくらいかゆいとよく言っています。

怖い…それは怖い…。かゆくてかきすぎてしまうと、結膜浮腫になることもあるそうです。

 

 

重症化すると怖い!

花粉症は重症化すると、微熱倦怠感慢性副鼻腔炎などの症状が起こることもあります。

また、3月4月に飛散するスギやヒノキの花粉は、他の花粉に比べてと小さく、気道に入ってしまうこともあるそうです。

花粉が気道に入ると、咳き込んでしまったり、呼吸困難になることも…。特に幼い子どもや高齢者は要注意ですね。

 

スポンサーリンク

3月4月 スギやヒノキの花粉症 改善対策7選

花粉症は、さまざまな改善対策があります!  早め早めに改善対策するようにしましょう!

 

1)マスクを装着!

3月4月 スギやヒノキの花粉による花粉症は、マスクを装着し改善対策しましょう!

花粉症といえばやっぱりマスクの装着。マスクは、鼻などから花粉が入るのを防ぐ役割があります。最近では、しっかり花粉をシャットダウンしてくれたり、耳が疲れないなど、高性能なものもあるのでドラックストアなどで探してみてくださいね!

 

 

2)眼鏡で花粉をガード!

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、花粉予防用の眼鏡をするのもいいですね。眼鏡は花粉が目に入るのを防ぐ役割があり、目のかゆみなどを軽減します。

 

3)外出したら洗顔!

3月4月のスギやヒノキの花粉症を改善予防するためには、外出後は洗顔するようにしましょう。マスクや眼鏡をしていても顔には花粉が付いてしまいます。外から帰ってきたらすぐに洗顔して、顔についた花粉を落とすといいですよ。

 

3月4月の花粉症はスギとヒノキに要注意…その症状と改善対策8

 

お化粧をしている女性は、帰るたびに洗顔するのは難しいかもしれませんね。そういった時は、優しく顔の花粉を取り除くだけでも効果ありますよ。鼻の中の花粉だけでも除けるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

服を着替える

服には飛散した花粉がいっぱいついています。帰宅したら服を着替えましょう。花粉症の方だけでなく、ご家族の方もお願いしますね!

 

 

5)洗濯物は外干し禁止!

特に3月~4月のスギやヒノキの花粉症の季節は、洗濯物の外干しは禁止!  ご想像通り、花粉まみれになってしまいます。花粉の季節は、部屋干しにするようにし花粉症を対策改善しましょう。

 

 

6)加湿器をつける

室内では加湿器で、花粉症を改善対策しましょう。



スポンサーリンク

この記事が面白い!



関連記事

  1. 花粉症

    花粉症・鼻炎対策! つらい鼻水を一瞬で止める超簡単な方法

    花粉症や風邪で辛い鼻詰まりを即効で解消する超簡単な方法です!…

  2. /

    花粉症にかなり効く!眠くならない市販薬ベスト【2018】

    花粉症の市販薬を飲むと眠くなる… それで飲むのを控えていませんか? 今…

  3. 花粉症

    【夏に起こる花粉症】夏の花粉症の原因と症状&改善対策

    夏に起こる花粉症に悩んでいる人は多いです。あなたのその体調不良、花粉症…

  4. 花粉症

    5月6月に酷くなる花粉症はこんなにある!症状と対策方法

    5月や6月にひどくなる花粉症があります。この時期に体調不良や風邪がなか…

  5. 花粉症

    鼻うがいの痛くない簡単なやり方!花粉症や鼻炎にすごい効果

    痛くて苦しそうな鼻うがい… 正しい方法でやれば全然痛くありませんよ。鼻…

  6. 花粉症

    8月や9月に長引く夏風邪は花粉症が原因?その症状と改善対策

    8月や9月にピークをむかえる花粉症があります。夏風邪がなかなか治まらな…

最近の記事

PAGE TOP